13インチ・バスドラムの製作

13BD
小口径バスドラムの研究のため、13インチタムを改造したバスドラムを作ってみた。一般的に自作の小口径バスドラムは16インチのフロアタムを横にするが、16x16で容量は53リットル。対して13X9タムは20リットルと半分以下。このサイズでどこまで音質は追い込めるのか、ボリュームはどれくらい稼げるのかを実証し、最終的なサイズを決めるための参考にしようと思う。

素材はYAMAHAの名機、YD9000シリーズの最初期モデル、TT-913Aのミラークローム。これを選んだのは単にジャンク扱いかつ不人気カラーのため格安だったから。購入時シングルヘッド仕様でリムも1本しかなかったため、別途Pearlの13インチリムをヤフオクで落として、ここまでで5千円程度。
初めての改造なので、スパー(脚)とライザー(リフター)はPearlの定番、ジャングルギグキットJG-16を新品購入。

フロアタムと違ってレッグブラケットがないため、スパーの取り付け方法を考える必要がある。またバスドラムリフターを取り付けるのに22.2mm径のタムブラケットも必要。YAMAHAの場合、六角ロッドのタムブラケットが無駄になるので、取り外した穴を有効利用できないか考えた。

57B4AD78-520B-4357-9B48-EF431BE34528.jpeg

タムブラケットはヤフオクで落としたタムにおまけで付いていたPearlのBT-3を活用。取り付け方向を90度横にすると、外したYAMAHAのタムブラケット取付穴がピッタリ。ただこのままだと2点止めになってしまうため、ホームセンターで買ってきた金具を組み合わせてステーを作り、タムブラケットを取り付けることにした。

A92FE6F8-329F-49E7-A200-143BC7FC9D91.jpeg

JG-16のリフターは16インチ用のため高さが10cmくらいで、13インチには足りないくらいなので、タム本体のホールを貫通する必要もなく、タム本体は無加工のままリフター取り付けまでは出来てしまった。

さらにⅬ字金具をねじ止めし、ここにレッグブラケットを取り付け、ドラムには一切穴を空けずにバスドラム化出来てしまった。
余分なスペースはほとんどないため、できるだけコンパクトそうなPearlのLB-07が大正解。

ここまで大きな手戻りもなく、ネジ止めだけで13インチバスドラムができてしまった。金具やネジが意外と高くついたが、それでも総額1万円くらい。
あくまで素人仕事なのでよい子はマネしないように。

セッティングについては、スパーの取り付け位置が下すぎるためか、演奏するとぐわんぐわん揺れる。ただ相当ハードに踏み抜いてもネジが緩んだりずれたりすることなく、安定して演奏できた。

あくまで試作なので、改造はここまでにして音造りの研究に続く。
2020/01/27 0
#小口径ドラム
お名前: [必須入力]

メールアドレス(返信を希望される場合のみ):

コメント(スパム対策のため、URLは記入できません): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲Page Top