The Anthology 1964-1971 / キンクス・アンソロジー

2回目のボックス、2回目のリマスター。すでにキンクスの所有CDは70枚を超えている。レギュラーアルバムだけで28枚(多分)もあるのに加え、シングルやらEPやらアメリカ編集やらゴロゴロある未収録作品を埋めるためにコンピレーションやベストも複数枚、ようやく一通り揃ったところで再発リマスター23枚。それでも「The Great Lost Kinks Album」はCD化されないまま、ブートレッグに手を出したところでようやくVillage Greenの再々発で数曲復刻、ボックスセットでさらに数曲・・。さすがに紙ジャケとかHQCDとか再々リマスターのデラックスエディションとかことごとくスルーしてきたが、まともに付き合ってたらとっくに100枚超えてると思う。いくら50周年とはいえ、パイ時代だけのボックスセットをまた買うことにした最大の理由は、最新リマスターやCD初収録曲よりリミックスの存在だった。
ポンド安もあって久々にUKから輸入してみたら、見事に箱が潰れていた。パッケージも薄いが、梱包もひどい。おまけに配送を待っている間に日本で買う方が安くなってしまったので、買いなおそうと返品処理したら簡単に済んでしまい、

"Refund Issued, You don't need to return the item”
(あなたの返金処理は受け付けられました。商品を返却する必要はありません。)

思いがけずタダで手に入ってしまった。海外発送だとこういう事もあるんだなあ。良い子は真似しないように。
無料なので文句があるはずもなく、久しぶりにボックスセットを全曲通して聴いてしまった。音圧はたぶん過去最高と、時代錯誤的なセンスがキンクスらしいといえばらしいが、音自体は決して悪くないというか、前回の悲惨なリマスターよりたぶん良いし、リミックスが素晴らしく良い。
曲ごとにモノラル、ステレオ、別テイク、BBC、リミックスと統一性はまったくないが、それぞれ一番良いバージョンを収録しようとしたのかなと好意的に受け止めてみる。
せっかくなので、全5CD、ダブりを除いて129曲(たぶん)、聴き比べてみようと思う。


Kinks/Anthology 1964-1971 (Box)
2017/03/02 0
#リミックス#BOX#デジタルリマスター#KINKS#50years

▲Page Top